アーティスト

ダイアモンドユカイの若い頃がイケメン!身長や代表曲についても!


スポンサーリンク

ダイアモンドユカイさんといえば、テレビではバラエティなどで見かける機会が多いですよね。

ただ、ダイアモンドユカイさんの本職はロックシンガーで「RED WARRIORS」というロックバンドでボーカルをしています。

若い頃はかなりのイケメンだったとか。

そこで今回はそこで、ダイアモンドユカイさんについて、若い頃・身長・代表曲などについて調査しました!


スポンサーリンク



ダイアモンドユカイの経歴・プロフィール

本名:田所豊(たどころゆたか)

生年月日:1962年3月12日

出身地:東京都田無市

ダイアモンドユカイさんの年齢は、現在57歳です。

見た目もシュッとしてて年齢よりかなり若く見えますよね。

とても還暦前には見えないです。

 

学歴は、大宮市立大砂土中学校→専修大学附属高校→専修大学法学部中退

となっています。

 

ダイアモンドユカイという変わった芸名ですが、いつも愉快なことからユカイで、インパクトをつけるためにダイアモンドをつけたそうです。

確かにテレビで見てても、愉快な人というのは伝わってきますよね。

 

ダイアモンドユカイさんは、1986年に「RED WARRIORS」のボーカルとしてデビューしています。

また、1987年には、「TOKYO-POP」というハリウッド映画に出演して、俳優デビューも果たしています。

俳優デビューがハリウッド映画というのは、かっこよすぎですね。

ダイアモンドユカイさんは、俳優としての活動も多く最近でもテレビドラマや舞台などによく出演されています。

俳優・ミュージシャン・バラエティ番組・声優など、イアモンドユカイさんの活動の幅はかなり広いですよね。

 

1997年に元アイドルで女優の三浦理恵子さんと結婚するも2001年に離婚。

三浦理恵子さんの仕事が忙しくなってきて、すれ違いが生じたことが離婚の原因だとか。

2009年に一般女性と再婚をしていて、2010年に長女が誕生し、2011年には双子の男の子が誕生しています。

長女が生まれた時は47歳で、長期の不妊治療を経てやっと子供ができたそうです。

長女が生まれた時は、さぞうれしかったでしょうね。


スポンサーリンク


【画像】ダイアモンドユカイの若い頃がイケメン!

ダイアモンドユカイさんの若い頃の画像がこちらです。

今と同じ長髪で、かなりのイケメンですよね!

実際若い頃はめちゃくちゃモテていて、女遊びもかなり激しかったとのこと。

イケメンで有名バンドのボーカルともなれば、モテないわけがないですよね。

ダイアモンドユカイの身長は?

ダイアモンドユカイさんというと少し小柄な印象がありますが、身長については公表されていないので、他の方との比較から予想してみたいと思います。

こちらの画像をご覧下さい。

ダイアモンドユカイさんの右に入る方が、女優の黛英里佳さんで身長は165cmです。

女性の場合はヒールを履いていることが多いですが、この画像の時は衣装で二人とも同じスニーカーを履いています。

ですので、靴で身長が変わっていることはありません。

 

画像を見ると、ダイアモンドユカイさんの方がわずかに身長が高いくらいなので、ダイアモンドユカイさんの身長は、166,7cmくらいではないでしょうか。

https://geev.jp/yamauchikeisuke-one/

ダイアモンドユカイの代表曲は?

ダイアモンドユカイさんの代表曲ですが、最近だとなんといっても「トイ・ストーリー4」の日本語版の主題歌である「君はともだち」でしょう。

ロックシンガーだけあって、声量があって歌もうまいですね。

 

昔の曲だと「RED WARRIORS」の「ルシアン・ヒルの上で」という曲が有名で、代表曲といっていいでしょう。

この曲は1987年発売なので、もう30年以上前の曲になります。

20代半ばの頃のダイアモンドユカイさんはとてもかっこいいですよね。

「ルシアン・ヒルの上で」は、GLAYも武道館でのライブの時にカバーするなど、他のアーティストからも評価される名曲となっています。

https://geev.jp/satohiromichionisan-genzai/

まとめ

ダイアモンドユカイさんについて色々書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

まとめると

・若い頃はかなりのイケメンで、モテまくっていた

・身長はおそらく166,7cmくらい

・代表曲は、「君はともだち」や「ルシアン・ヒルの上で」など

 

若い頃はイケメンでミュージシャンとして活躍していたダイアモンドユカイさん。

これからも俳優・バラエティ・音楽など色々なジャンルで活躍してほしいです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。