アナウンサー

平松修造アナの結婚・彼女や同期は?かわいい・かっこいい画像とメガネについても!


スポンサーリンク

平松修造アナは日本テレビのアナウンサーで、かわいい・かっこいいと評判で女性人気も高いアナウンサーですよね。

今回は、平松修造アナについて、

・結婚や彼女

・同期には誰がいるのか

・かわいい・かっこいい画像

・メガネ

などについて調査しました!


スポンサーリンク



平松修造アナの経歴・プロフィール(年齢・身長・学歴など)

 

この投稿をInstagramで見る

 

🍀ひかり🍀(@hikaru_issey)がシェアした投稿

名前:平松修造(ひらまつしゅうぞう)

生年月日:1992年9月29日

年齢:27歳

出身地:兵庫県神戸市

身長:178cm

血液型:A型

修造というと松岡修造さんが思い浮かびますが、母親が松岡修造さんのファンだったことからこの名前になったそうです。

松岡修造さんは現役時代はすごいテニスプレーヤーだったので、平松修造さんの母親の様なファンも多かったでしょうね。

平松修造アナの出身小学校・中学・高校・大学などの学歴

平松修造アナの出身小学校は、国立の神戸大学附属住吉小学校です。

お受験をしていることから、実家はかなり裕福なのかもしれいないですね。

ちなみに、神戸大学附属住吉小学校は現在は閉校となってしまっています。

 

中学はエスカレーターで、神戸大学附属住吉中学校に進学しています。

中学時代にはモテるためにアコーステックギターを始めたそうですよ。

残念ながら、そんなにモテなかったそうですw

 

高校は、兵庫県立神戸高等学校出身です。

兵庫県立神戸高等学校は偏差値71~77ととてもレベルが高い学校です。

平松修造アナは頭もいいんですね。

 

中学・高校時代は陸上部で、運動にも打ち込んでいたようです。

ちなみに、小説家の村上春樹さんも神戸高等学校出身ですよ。

 

大学は、法政大学経営学部を卒業しています。

卒業式では、東日本大震災の影響で中止した入学式の新入生代表の挨拶を代わりにするなど、かなり優秀な生徒だったようです。


スポンサーリンク


平松修造アナは結婚してる?彼女はいるの?

平松修造アナは結婚していたり彼女がいたりするのでしょうか?

イケメンアナで女性人気も高いので、気になっている方も多いと思います。

 

平松修造アナは以前テレビ番組で、結婚の予定はないし彼女もいないと語っていました。

イケメンでモテそうなのに、彼女がいないというのは意外ですね。

 

ただ、結婚願望は強くて子供も大好きなので、子供も欲しいそうです。

平松修造アナなら優しくていいパパになりそうですよね。

平松修造アナの同期は誰?

平松修造アナの同期は、尾崎里紗アナと笹崎里菜アナです。

特にエピソードはないといっていますが、3人で写真を撮るくらいですから仲は良いんでしょうね。

平松修造アナのかわいい・かっこいい画像!

ここでは、平松修造アナのかわいい・かっこいい画像を紹介します。

坪井直樹アナの嫁は高橋真紀子で息子は?学歴・両親や韓国・左翼についても!坪井直樹アナウンサーと言えば、「グッド!モーニング」のメインキャスターとして有名ですよね。 今回は、坪井直樹アナウンサーについて、 ...

平松修造アナのメガネについて

平松修造アナはメガネ姿が知的でかっこいいですよね。

実は、入社当時はメガネではつけていなかったようです。

こちらが、メガネなしの平松修造アナの画像です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

hiromi(@hiromix178)がシェアした投稿

メガネをつけていないと、大分印象が変わりますね。

 

元々メガネではなかったのにいきなりメガネをつけ始めたことから、伊達メガネと勘違いされることがあるようです。

平松修造アナのメガネは伊達メガネではなく、度は入っているとのこと。

 

コンタクトが苦手で、メガネに変えたそうですよ。

ちなみに、キャラ付けもちょっと狙っているそうですw

確かにメガネをしている方が、覚えやすいですよね。

中垣正太郎アナの高校・大学やハーフ?筋肉や身長・年齢についても!中垣正太郎アナは、テレ東のYouTube動画で歌声を披露して、「神の声」などと話題になっています。 今回は、中垣正太郎アナについて、 ...

まとめ

平松修造アナについて色々書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

まとめると、

・結婚していないし、彼女もいない

・同期は尾崎里紗アナと笹崎里菜アナ

・もともとコンタクトだったが、苦手なのでメガネに変えた

 

かわいい・かっこいいと評判の平松修造アナ。

これからも、アナウンサーとして頑張ってほしいですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。