その他

困窮学生給付金の条件・対象は?手続きや申請方法も!

5月19日の閣議決定で、コロナの影響で経済的に困窮している大学生に対して、1人10万または20万の給付をすることが決定されました。

今回は、この困窮学生給付金について、条件・対象・手続き・申請方法などについて調査しました!


スポンサーリンク


困窮学生給付金の条件・対象について

困窮学生給付金の条件・対象ですが、

原則として家庭から自立していてバイトの収入で学費を支払っている学生で、収入が大幅に減った学生

となっています。

 

大幅と言うのがどれくらいなのか気になるところですが、現在のところは明らかになっていません。

どうやって収入が減ったのかを証明するのかも問題となりますが、持続化給付金と同様に厳密な証明は要求されずに、スピード重視でかなり簡易化されたものでOKとなるのではないでしょうか。

 

金額は10万円の給付が予定されていますが、

住民税非課税世帯の学生にはさらに10万円の給付

となっていて、合計20万円給付されます。

 

次に、学生と言っても色々な学校に通っている方がいますが、

・大学院

・大学

・短大

・高専

・専門学校

これらの学校に通う学生が対象となっています。

大学院まで含んでいて、対象になる方は43万人を見込んでいるとのこと。

 

国籍も気になるところですが、外国籍でも給付を受けることができ、日本語学校の留学生なども含まれるそうです。

定額給付金と同様で、多くの人にいきわたらせるようにする方針のようですね。


スポンサーリンク


困窮学生給付金の手続き・申請方法やもらえる時期は?

困窮学生給付金の手続き・申請方法についてですが、

学生が学校側に給付金の申請→学校が日本学生支援機構に名簿を提出→日本学生支援機構が書く学生に給付金を振り込む

という手順になるようです。

なので、学生の方は所属する学校からのアナウンスを待つことになりますね。

 

困窮学生給付金の給付時期については、今のところ報道はありません。

あるアンケートでは、コロナウイルスの影響により経済的に苦しくなり、退学を考えている学生が20%もいるとの結果も出ているので、なるべく早い給付が求められています。

https://geev.jp/jizokukakyufukin-nyukin/


スポンサーリンク