タレント

中庭アレクサンドラの結婚・彼氏や国籍は?身長や年齢についても!

中庭アレクサンドラさんは、関西弁を使いこなすロシア出身のモデルとして話題になっています。

モデルだけあって、スタイルもいいしかわいいので、結婚や彼氏も気になりますよね。

今回は、中庭アレクサンドラさんについて、

・結婚しているのか、彼氏がいるのか

・国籍

・身長

・年齢

などについて調査しました!


スポンサーリンク


中庭アレクサンドラの経歴・プロフィール(国籍・身長・年齢)

中庭アレクサンドラのプロフィール

名前:中庭アレクサンドラ(なかにわあれくさんどら)

生年月日:1991年2月24日

出身:ロシア・モスクワ

身長:173cm

血液型:O型

中庭アレクサンドラさんの年齢は、29歳です。

身長は173cmととても高いです。

日本人女性の平均身長が158cmくらいなので、平均より15cmも高いことになりますね。

ちなみに、ロシア人は身長が高い人が多く、女性の平均身長は165cmくらいだそうです。

中庭アレクサンドラさんは、ロシア人の平均身長と比べてもだいぶ高いですね。

中庭アレクサンドラの経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

🍉中庭アレクサンドラ🍉(@alechan_planet)がシェアした投稿


中庭アレクサンドラさんは、1991年にロシアのモスクワで生まれています。

両親ともロシア人で、ロシアで10歳まで暮らしています。

 

両親は離婚して、6歳の時に母親が日本人と再婚しています。

母親は日本に住んでいたそうですが、中庭アレクサンドラさんは祖母の家に10歳まで住んでいて、10歳の時に来日して大阪に住むようになりました。

 

全く日本語が喋れない状態で、日本の小学校に通いはじめたので、最初はかなり大変だったそうですよ。

日本語を勉強するのにドラえもんを読んでいたとのこと。

マンガは読み仮名も降ってあるし絵もあるので、日本語の勉強にはいいかもしれないですね。

 

高校時代は、コンビニでアルバイトをして、上京するお金を貯めていたそうですよ。

20歳からモデルとして活動し始めて、その後上京。

当初は関西弁を隠していたものの、HYDEさんから「大阪弁を出した方がいい」というアドバイスをもらい、関西弁を使うようにしたらテレビなどで注目を浴びるようになります。

ロシアの美女がコテコテの関西弁を使うギャップが面白いですよね。

 

また、同じ在日ロシア人の小原ブラスさんと、ピロシキーズというYouTubeチャンネルを作り、ユーチューバーとしても活動しています。

ピロシキーズは、チャンネル登録者が8万人を超える人気チャンネルとなっています。

中庭アレクサンドラの国籍は?

中庭アレクサンドラさんの国籍は、日本のようです。

いつ国籍を変更したのかはわかりませんでしたが、父親が日本人であるため国籍の変更は簡単にできると思われます。

https://geev.jp/yandoru-syousokufumei/

中庭アレクサンドラは結婚してる?彼氏はいるの?

中庭アレクサンドラさんが結婚したのではないかという噂がありましたが、どうやらこちらの動画が原因のようです。

インスタのアカウントを、アレクサンドラから中庭アレクサンドラに、いきなり変更したことから結婚したと勘違いされてしまったそうです。

確かに、いきなり「中庭」という苗字がついていたら、結婚したと勘違いされても不思議はないですよね。

 

ただ、実際は結婚したわけではなく、中庭というのは本来の自分の苗字なのだそうです。

再婚した父親が中庭という苗字で、使ってもいいかと聞いたらOKが出たので、使い始めたそうですよ。

ちなみに、中庭という苗字は全国で2300人くらいしかいない、かなり珍しい苗字のようです。

 

なぜ、いきなり苗字をつけたのかというと、アレクサンドラで検索すると、歴史上の人物が出てきてしまって、自分のアカウントが出てこないからだそうですよ。

確かに、検索しにくいとフォロワーが増えにくいかもしれませんね。

 

現在彼氏がいるのかについては、動画内では全く語られていませんでした。

29歳という年齢やモデルでめちゃくちゃかわいいことを考えると、彼氏がいそうですが、現在のところは不明です。

https://geev.jp/vanri-kawaii/

まとめ

中庭アレクサンドラさんについて色々書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

まとめると、

・結婚しておらず、彼氏がいるかどうかは不明

・国籍は日本

・年齢は29歳

・身長は173cm

ロシア出身なのに、関西弁を使いこなす中庭アレクサンドラさん。

これからも、モデルやユーチューバーとして活躍してほしいです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


スポンサーリンク