ビジネス

竹増貞信ローソン社長の年収や自宅は?高校・大学や兄弟についても!


スポンサーリンク

ローソンといえば、だれもが知っている大手コンビニチェーン店ですが、竹増貞信はそのローソンの社長です。

今回は、竹増貞信ローソン社長について、

・年収

・自宅

・出身高校や大学

・兄弟

などについて調査しました!


スポンサーリンク


竹増貞信ローソン社長の経歴・プロフィール(出身高校・大学など)

竹増貞信ローソン社長のプロフィール

名前:竹増貞信(たけますさだのむ)

生年月日:1969年8月12日(現在50歳)

出身地:大阪府池田市

 

学歴は、大阪教育大学附属高等学校池田校舎→大阪大学経済学部となっています。

大阪教育大学附属高等学校池田校舎の偏差値は72で、大阪でもトップレベルの高校となっています。

ローソンの様な大きな会社の社長だけあって、頭が良いんですね。

ちなみに、岡田克也民主党代表も大阪教育大学附属高等学校池田校舎の出身ですよ。

 

また、大阪大学経済学部の偏差値は65とかなり高いです。

さすが旧帝大ですね。

竹増貞信ローソン社長の経歴

大阪大学経済学部卒業後、1993年に三菱商事に入社しています。

元々はローソンの人ではなかったんですね。

三菱商事といえば、人気の高い企業で、就職するのがめちゃくちゃ難しい企業としても有名です。

 

三菱商事入社後は、牛肉輸入業務・広報部・業務秘書などいろいろな仕事をしていたようです。

 

2014年に三菱商事を退社して、ローソン代表取締役・代表執行役員副社長兼法人営業本部長兼ローソンマート担当となっています。

めちゃくちゃ長い肩書ですね~。

いきなり代表取締役になるのはすごいですね。

三菱商事時代の実績が評価されたのでしょう。

 

2016年6月には、ローソン代表取締役の社長になっています。

 

竹増貞信ローソン社長の年収は?

ローソンの様な大企業の社長ともなると、どれくらいの年収か気になりますよね。

ローソンは上場会社なので、報酬が1億円を超えると有価証券報告書に記載しなければなりません。

ですが、ローソンの有価証券報告書には1億円を超えるものはいないと記載されているので、年収は1億円はないということになりますね。

 

有価証券報告書によると、取締役5名の報酬の総額が、1億8500万となっています。

5で割ると、3700万となります。

ただ、竹増貞信社長は社長なので、これよりは多くなるでしょう。

なので、竹増貞信社長の年収は5000万円くらいなのではないでしょうか。

竹増貞信ローソン社長の自宅は?


竹増貞信社長の自宅は、世田谷区にある一戸建てのようです。

ローソン社長ともなると、かなりの豪邸なんでしょうね。

ローソン本社は品川区の大崎にあるので、世田谷区だと結構近いですね。

 

自宅の近くの貸農園で野菜栽培をするのが趣味だそうですよ。

都会に住んでいるだけに、緑に触れると落ち着くのかもしれないですね。

 

また、自宅の周辺を30分ほどジョギングするのを日課にしているようですよ。

体型もスマートだし、自己管理を徹底しているんでしょうね。

 

すかいらーくの創業者の記事はこちらからどうぞ

https://geev.jp/yokokawakiwamu-musuko/

竹増貞信ローソン社長の兄弟について


竹増貞信社長の兄弟についてですが、竹増貞信社長を義兄と言っている方がいました。

実業家の吉村正裕さんです。

竹増貞信社長の義弟ということは、妻の弟なのでしょうか。

 

吉村正裕さんは、東海大学出身で、現在、吉村酒造代表取締役会長・ハイフィット 代表取締役社長・サイバーアシスト 代表取締役社長を務めているそうです。

いろんな会社の社長や会長をやられているんですね。

https://geev.jp/kondoumasaki-kentakkishatyou/

まとめ

竹増貞信ローソン社長について色々書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

まとめると、

・年収は5000万と予想

・自宅は世田谷区の一戸建て

・学歴は、大阪教育大学附属高等学校池田校舎→大阪大学経済学部

・兄弟は義弟に実業家の吉村正裕さんがいる

 

これからも、ローソンの社長として頑張ってほしいと思います!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。