その他

武見敬三の息子・娘や父は?家系図や評判・兄弟についても!


スポンサーリンク

3月28日放送の「朝まで生テレビ!」に政治家の武見敬三さんが出演されます。

武見敬三さんは政治家になる前は、ニュースキャスターでしたね。

今回は、武見敬三さんについて、

・息子や娘

・父親

・家系図

・評判

・兄弟

などについて調査しました!


スポンサーリンク


武見敬三のプロフィール

名前:武見敬三(たけみけいぞう)

生年月日:1951年11月5日

年齢:68歳(2020年3月時)

出身地:東京都港区

学歴:松濤幼稚園→慶應義塾幼稚舎→慶應義塾普通部→慶應義塾高校→慶應義塾大学法学部政治学科→慶応義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了

武見敬三の息子や娘について

武見敬三さんには子供が3人いて、息子2人に娘1人です。

息子や娘についての情報は全くと言っていいほどなかったので、政治の道には入っておらず一般人なのではないかと思われます。

武見敬三さんが68歳なので、子供も結婚していて孫がいる可能性が高いでしょうね。

 

ただ、娘は武見敬三さんの選挙を手伝っているようで、武見敬三さんの活動をまとめた動画を作ったり、一緒にビラを配ったりしてくれたそうですよ。

良い娘さんですね。

武見敬三さんは、ツイッターやfacebook・youtubeチャンネルなど、色々な媒体を使いこなしていますが、もしかしたら娘さんの提案かもしれないですね。

武見敬三の父親について

武見敬三さんの父親は日本医師会の会長だった武見太郎さんです。

ここで、武見太郎さんのプロフィールを簡単にご紹介しますね。

名前:武見太郎(たけみたろう)

出身地:京都府

生年月日:1904年8月7日

学歴:慶応義塾大学医学部

武見敬三さんと同じ慶応義塾大学出身なんですね。

 

厚生省の官僚であっても対決姿勢を見せ「ケンカ太郎」との異名を持っていたそうです。

かなり気象の荒い人だったのかもしれませんね。

 

1957年4月には医師会会長に就任して、絶大な権力をもっていたそうです。

さらに、1975年には世界医師会会長にまでなっています。

かなり偉い人なんですね。

 

1983年に79歳で他界されています。


スポンサーリンク


武見敬三の家系図がスゴイ!

武見敬三さんの家系図がコチラです。

武見敬三さんは「維新三傑」の一人である大久保利通の血縁です。

また、吉田茂元首相とも血縁関係がありますね。

元総理大臣の麻生太郎さんは、吉田茂元首相の孫なので血縁関係ということになります。

凄い家系図ですね~。

武見敬三の評判は?


武見敬三さんは、海洋基本法の制定など多くの議員立法にかかわっていて、政策通として国際的に評価が高いです。

国際的に有名な医学誌ランセットでも、カリスマと評価され特集されているほどです。

 

ただ、武見敬三さんは当選回数5回と長年議員をしていますが、2013年・2019年と選挙では意外と苦戦しています。

2019年の参議院選挙では、当選者の中で一番低い得票数で1位の丸川珠代さんの半分の得票数もありませんでした。

長年議員をしていても、当選するのは簡単ではないようですね。

https://geev.jp/fujimanami-genzai/

武見敬三の兄弟について


武見敬三さんは4人兄弟で、

・長男 武見錠二

・次男 武見敬三

・長女 武見昭子

・次女 武見和子

となっています。

兄の武見錠二さんは、慶応大学出身で現在、グランビスタホテル&リゾートの参加である札幌グランドホテルの総支配人を務めているそうです。

兄の武見錠二さんもかなり偉い人なんですね。

 

姉の武見和子さんは、麻生太郎元総理大臣の弟である麻生泰さんの妻です。

麻生泰さんは、麻生グループの代表を務めています。

https://geev.jp/nakanoryouko-imananishiteru/

まとめ

武見敬三さんについて色々書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

まとめると、

・子供は息子2人に娘1人

娘は、武見敬三さんの選挙活動を手伝っている

・父親は元日本医師会会長の武見太郎さん

・大久保利通や吉田茂元首相と血縁関係

・政策通として国際的に評価は高い 選挙では意外と苦戦している

・兄の武見錠二さんは札幌グランドホテルの総支配人

姉の武見和子さんは、麻生太郎元総理大臣の弟である麻生泰さんの妻

 

元キャスターで現在は政治家の武見敬三さん。

これからも、国民のために頑張ってほしいですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。